【1998-11th】コンコルド広場 → オルセー美術館 → ロダン美術館 → サン・シュビス寺院 → リュクサンブール → 墓地見学

その他

朝食はホテルでバイキング

朝8:00から、朝食バイキングはクロワッサン、フランスパン、紅茶とオレンジジュース。
おかずやサラダは無し。
全員「なんか品数少ないよな…昨晩マクドだったし、フランスっぽいの期待してるのに」
全員「フィレンツェの朝食は、ハムや卵、デザートもあり、良かったよな~」
朝食に不満を言う貧乏学生たち(苦笑)。

コンコルド広場

さて今日の目的は、パリ中心部の観光である。
昨日と同じくコンコルド広場へ行きました。ここは大きな塔が特徴の広場である。

黒人が私に話しかけてきた。
黒人「Hey!チャイニーズ!」
私「いやいや、俺、日本人やねんけどな」
マツとミムが、愚痴る私を見て大笑い。

コンコルド広場と塔

コンコルド広場と塔

ルーブル美術館の行列待ちに躊躇

チェイルリー公園の大きな池を見て、ルーブル美術館の前にある門を見る。

ルーブル美術館前の大門

ルーブル美術館前の大門

ルーブル美術館前に着くと、シンボルともいえるガラス張りピラミッド。
ルーブル美術館のレンガ壁と、ガラスの調和がいいよね。

ピラミッドは美術館への入り口。
ここに入場のために行列ができていた。
90分待ちと聞いて「最終日に、また来ようぜ」と予定変更。

ルーブル美術館の宮殿と、ガラスピラミッド

ルーブル美術館の宮殿と、ガラスピラミッド

オルセー美術館

セーヌ川を渡ると、オルセー美術館。しかし月曜だったので休館日。
この美術館は、ゴッホの有名な絵があるとか…。

昨夜歩いた観光地の昼Versionをおさらい

朝10時。
雨が降り出してきたのだが、濡れながら歩くことに。

昨夜歩いたグランパレ、プチパレ、アレクサンドルⅢ世橋、アンヴァリッド廃兵院など、
昼間Versionで歩きました。

アレクサンドルⅢ世橋

アレクサンドルⅢ世橋

グランパレか?プチパレか?

グランパレか?プチパレか?

セーヌ川越しに見たエッフェル塔

セーヌ川越しに見たエッフェル塔

アンヴァリッド廃兵院と大砲

アンヴァリッド廃兵院と大砲

ロダン美術館に立ち寄るも、ここも月曜は休館日。
前庭にあった、ダヴィンチの「考える人」の像だけ写真におさめた。

ロダン美術館の前庭にある「考える人」の像

ロダン美術館の前庭にある「考える人」の像

坂勾配の多いパリの道路

パリって、意外と坂の勾配の起伏が多いんですよね。
それを活用して、道路の端にたまったゴミを水で流す仕組み。

坂道を利用した面白い石タイルなどを発見。芸術性高いですよね。

白黒写真になったけど、石タイルが芸術的に!

白黒写真になったけど、石タイルが芸術的に!

サン・シュビス寺院でケーキ食べる

30分ほど歩くと雨も上がり、
ケーキ店に入り、私はプリンケーキ、マツとミムはチーズケーキを購入。
サン・シュビス寺院に持っていき食べた。

サン・シュルビス寺院前にてチーズケーキを食べる

サン・シュルビス寺院前にてチーズケーキを食べる

このあとも、服屋などに立ち寄りながら、リュクサンブール宮殿&公園を見た。
公園にある池越しにリュクサンブール宮殿の光景を、マツは絶賛。

池越しに見たリュクサンブール宮殿

池越しに見たリュクサンブール宮殿

リュクサンブール宮殿前の池でたたずむ

リュクサンブール宮殿前の池でたたずむ

フランスの墓地見学

知人の事前情報によると、
「墓地は、日本と異なりいろんな形があって面白いよ」と聞いていたため、
フランスの墓地見学へ行くことに。

しかしながら連日の歩行で、カカトの痛みがMAXに。
私「あかん。足が痛すぎる…」とみると、カカトにひび割れが…革靴のせいだな。
広い墓地を歩き回る気力が失せていたため、ベンチでマツと休憩。

ミムは有名な作詞家(名前忘れた)のお墓を見てきたらしい。
私とマツはベンチで休んでいた。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP