カンブリア宮殿(7月7日)日本は思った以上に“宝の山”SP

            <div class="well2">

日本は思った以上に宝の山SP by髙田明さん&佐藤可士和さん

2016/07/07(木)「カンブリア宮殿」放送を見ました。

日本の伝統は海外からの評価が高いものの、あと10年で消えて行く文化が多いという内容です。
ジャパネットたかたの元社長「高田明」やデザイナーの佐藤可士和さん村上龍さんが各人で取り組んでおられる“日本の宝の再発見!”が番号で紹介されましたので、内容をメモしておきます。

日本橋とやま館

東京の日本橋では、オープン間もなく大盛況である「日本橋とやま館」。
取扱い商品(「刺し身の昆布締め」「こんかいわし」など)は、どれも富山県で日常的にスーパーなどで手に入る庶民の味を東京で販売しています。

館長の 山下章子さん「お店のヒットの秘密は、高級品はほとんど置いていないが、東京では手に入らないものであること」

併設された和食店の「富山 はま作」でも富山県でしか食べられないメニュー(「本日の富山湾かぶす汁」など)大人気になっているそうです。

名物となるか?「となみ夜高まつり」

一方で、富山県では北陸新幹線が開業したのに訪問客が少ないことに嘆いておられます。

富山県砺波(となみ)商工会議所の森田要さんは「PRする目玉がない」とのこと。そんな砺波市にも、海外からの観光客に人気の「となみ夜高まつり」があります。

ナビゲーターの村上龍さんも「願い事を書いて笹の葉に結びつける七夕のように、日本人には何気ない風習であっても外国人にはとても魅力的に見える」と語る。

佐藤可士和さんのデザイン

佐藤可士和さんは、セブン-イレブンやTカード、ユニクロなど有名企業のロゴデザインを手掛けるヒットメーカーの有名デザイナーの方です。最近では、中村橋之助一家の襲名披露公演にむけた一連のロゴデザインなどを手がけておられます。

さらに、売上が5分の1になった有田焼の再生プロジェクトも手がけておられます。
有田焼400年ということで「ARITA400プロジェクト(佐賀県主催)」は、佐藤可士和さんを含む四人のアーティストが2016年1月フランスの国際見本市に出品し、そこに佐藤可士和さん流の有田焼デザインが陳列されます。

ジャパネットたかた「高田社長」

特徴のあるセールストークで年商1500億円にまで成長させた高田明さん
2015年1月に社長を退任した後、高田明さんは自分のカメラクルーを持ち日本各地を巡業しつつ、各地の食材や特色を御紹介しておられます。

急拡大市場の「ハロウィーン

日本でハロウィーンが一般的になったきっかけは、1997年に東京ディズニーランドで始まった「ディズニーハロウィーン」が始まりだそうです。今では1400億円の経済効果があると言われています。

菓子匠 末広庵 三籐哲也社長は、ハロウィーン人気に便乗し「お化けまんじゅう」を売りだすとそのかわいい形が大人気商品となっています。

村上龍さんは「ハロウィーンと同様に、日本古来の伝統行事にも目を向けていくべきだ」という目的で書籍を出版したそうです。

村上龍さん「故郷の佐世保に帰るたびに昔あったものが失われている感覚がする」

伝統行事には失われてゆく日本が詰めて込まれているため、うまく地域PRすればハロウィーンのような経済効果も期待できます。

東京ディズニーランドでは、ディズニー流の七夕祭りを1997年時は3日間のイベントたったものを、少しずつ拡張してきたそうです。現在はディズニーに来て七夕を知ったという来場者も多いという。

村上龍さん「こうやって伝統行事は残るのかもしれない」

岐阜県高山市「平安楽」

「平安楽」は、「トリップアドバイザー」という海外の旅行サイトでトップを記録しており、店内ではたくさんの外国人観光客が訪問しております。

名物となった女将さんの古田直子さんは、全て英語で接客し、「手打ちそば 恵比寿 本店」では英語の漫画を配っておられます。
高山市ではドイツ語からヘブライ語まで9ヶ国語の地図を取り揃えた効果もあり、海外からの観光客が退去して押し寄せるようになったそうです。

山形県飯豊町中津川地区

翻訳家「アダムフルフォード」さんは、日本の食文化を翻訳する仕事をしている。和食にはかなり詳しかった自分がまだまだ知らない和食があることに驚いで各地を回りその土地の食べ物を食べているという。

農家民宿「いろり」のオーナー、伊藤信子さんをいつも尋ねるアダムフルフォードさん。毎回いろんな発見があるという。日本全国には新しい観光資源があるにもかかわらずあと10年したらほとんどが絶滅してしまうのが惜しいという。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。