本田圭祐さん 「プロフェッショナル仕事の流儀2013/03/25放送」

            <!--more-->

本田圭祐さんの「夢」をチカラに変えるポジティブさ

プロフェッショナル仕事の流儀2013/03/25放送の特別編。
本田圭祐選手の苦悩 【1】重症ケガのリハビリ 【2】チームの低迷
この2つのメンタルコントロールを中心に番組が描かれていた。

長谷部選手のベストセラー「心を整える」に通じる、
プロのアスリートとして、日本代表選手として。
人生の選択、仕事への情熱、夢、体調管理、
強気のポジティブさは学べるところが大きかった。

私自身と比較し考えながら、今の自分に足りないもの。
本田さん のメンタル技術に、大きな刺激を受けました。

本田圭祐さんは、中田英寿さんに似たストイックさが類似しているかもしれません。
国民の中でも、好き嫌いが分かれるとは思います。

しかし私は、この両選手とも大好き。
特に本田選手は、マスコミを使って、自分の目標を公言するのが日本人離れしていて、巧いと感じます。

「自分を信じることで、世界一にたどり着くはず」

本田さん 「俺は信じてるんですよ。もっと成長のスピード上げれば、(世界一のサッカー選手の夢)にたどり着くと思ってるんですよ」
本田さん 「ただギヤを上げていかなダメっていうのも実感しているわけですよ」
本田さん 「ギヤを上げる試行錯誤ですよね。どうやったらギヤ上げれんねん?みたいな」

私の感覚で考えると、仕事をとおして成長できることの喜び。
仕事では常に目標や自分への成長課題を持っている。
自分がやりたいことが多いときは、「時間が足りない」と感じることが多い。
常に時間に追われる感覚がある。

「神様が自分を成長させてくれるステップだ!」
仕事を通して、成長を味わい、噛みしめたと思える。
それは自分が仕事に対しては、手抜きしないベストを尽くす性格だから。

しかしながら、時にして、気持ちのゆとりが失われ、それがマイナスに働くこともあった。
だけど、やはり時間が無いと感じる=成長課題が多い。
そう考えると、1番成長している喜びを味わえる時期。
全力投球で打ち込むからこそ、自分が成長で来て、充実する。
自己満足なのかもしれないが、それが楽しいと思える。

逆境を乗り越える強さ

本田さん 「信じることっていうのは僕にとって希望なんですね。信じれなくなったときに希望の光は見えなくなる」
本田さん 「人って誰しもが、うまくいかなかったときとかに、ちょっと(自分を)疑うと思うんですね」
本田さん 「その時に如何にして、自分を信じることができるか信じるっていうのは本当に希望そのものですよね」

本田さん 「未来が誰にも分からない中で、どれだけ自分を信じてやれるか」
本田さん 「未来を信じてやれるか。自分が絶対に成功するんだっていうことをね」
本田さん 「自分に言い聞かせながら自分の力を信じるっていうことですかね」
本田さん 「そしたら必ず神様はね、それを見てるし、神様からのビッグサプライズを期待して頑張るだけ」

本田さんは、ジュニアユースにも選ばれる実力を持ちながら3年目で落選。
ロシアに移籍後も、若手のロシア選手にレギュラーを奪われた。
挫折や短所を味わいながらも、現在、日本代表選手として登りつめている。

彼の言葉には、自分を信じる強さがあり、律儀なくらい真面目だ。
彼の公言する夢が「有言実行」に思える。
だからマスコミやファンも、彼の言葉に注目し、その夢を共有し、応援したくなる。

自分における信念や目標、企業理念など、核として信じるものは大きなチカラになるのだと思う。

学生向けセミナーにて、「後悔のない人生を!」

本田さん 「去年の9月ですね、ケガをして、まだ完璧に治ったとは言えるような状況ではないんですけど」
本田さん 「治ってなくとも自分はケガする前の自分より成長したと思ってます」
本田さん 「ケガしている時、トレーニングしてる時というのは全然そのマイナス面を感じずに
希望に満ち溢れながらずっとトレーニングに励んでました」

本田さん 「ケガして辛いことある、悩みがある。その悩み問題をどこの角度から見るか」
本田さん 「(他人からも、自分の中でも)すごい辛い問題に見えるかもしれない」
本田さん 「みなさんは辛いほうから見てくれているんでしょう???」
本田さん 「僕に対して(大丈夫かな?可愛そうだな)と同情の目を持って見ている」
本田さん 「でも僕は反対から(視点から)見て考えているるからチャンスになるんです」

本田さん 「その考える技術っていうか」
本田さん 「習慣を身につけて高めていってほしいんです」
本田さん 「そうすればどんな困難にもポジティブに対応できて、負のオーラていうか。マイナスな要素は持たないようになってくる」
本田さん 「自分の人生なんです1回しかない人生。だから無駄にしてほしくないんです」

本田さん 「大げさかもしれないですけど、本当にいつ死ぬかわからない人生の中で後悔のないように生きて欲しい」

私はこのメンタル技術、視点の持ち方って凄いし、大切だなと思う。
自分の受け取り方次第で、次を見る、目標へ進む時間が早まるのだから。

30代の私を見つめると、20代前半のポジティブさに比べ、30代でのネガティブ要素が増えてきた。
これは失敗や苦い体験を分析するが故に、陥ってしまった負のオーラ、足枷だと思う。

自分にとって、この毒素を抜く作業を行っているが、全ては「この考え方、視点の持ち方」だと思う。
他人から見ると厳しい現実に見えても、「自分が苦と感じなければ、楽しいのだから…」

本田選手にとっての「強さ」とは???

本田さん 「僕にとっての強さの定義は、自分に打ち克てるかどうかが強さだと思います」

本田さん 「本当に自分と向き合って生きていますし、自分に問いかけてることが多いんで」
本田さん 「自分と向き合って、自分に打ち克つこと。そこに尽きるのかなと」

本田さん 「どっかでテイクしますよ、今はギブに努めて」
本田さん 「今の状況で意識してるのは、とりあえず、今はできるだけ(味方の)相手を喜ばすみたいな
本田さん 「どっかでテイクしますよ。今はギブに努めて」

最近の私の課題=自分に打ち克てるか?
年齢を意識しはじめると、これからの失敗は許されないというプレッシャーも大きく圧し掛かる。
周囲にとって、自分に協力的な人、そうでない人というのも明暗が分かれて見えてくる。最後は1人になると、人間はこれで正しいのかな?と思うことも多々ある。

正解が見えないことも多いし、そして反省もする。

本田さんの言う「ギブ&テイク」。
私は、お金がすべてとは考えていない。
私の心の中では、相手からの「感謝」「義」などの言葉、形など、心に見返りを求めてしまう。

相手の喜んでいる姿、表現を見てとれてこそ、自分の行動が正しかった、良かったと味わえる瞬間。
それが次への力になるのだと思う。

神様、ありがとう

本田さん 「なんかもう、神様がいらん障壁ばっか立てますけど、望むとこですよね。」
本田さん 「この壁だって、神様に感謝しないと、この状況を与えてくれてありがとうって思えます」

逆境、負けん気を、自分の成長&チカラに変える強気の考え方だと思う。

信じる力

本田さん 「自分自身をサッカー選手としては凡人だと思ってるわけですよ」
本田さん 「当然ながら壁にぶち当たることが多かったんで、そりゃやめるタイミングはいつでもありますよね」
本田さん 「今だってあるしね。でもそんな簡単にね、自分の夢はね。あきらめられないでしょ」
本田さん 「自分はもっと理想はこうで、格好よくありたいと思ってても」
本田さん 「自分の実力から不細工な感じになってしまってるのも分かるときもあるわけですよ」

本田さん 「それでもやっぱり、うまくいってないのもわかるけど」
本田さん 「理想とは程遠いのもわかっているけど、まだ信じてる自分がいますね」
本田さん 「まだ真剣に実現できるんじゃないかって自分はいます」

自分が凡人で挫折だらけ。
でも自分を信じなかったら、誰が信じるんだ!

最後にそう思えるのは、「自分の夢は簡単に諦められないでしょ」という言葉に濃縮されている気がします。

挫折、苦悩で悩む人々に突き刺さる言葉ですね。
私にも突き刺さりました。

本田選手には、怪我を感知して欲しい。
彼の夢の実現、活躍をみたいですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。