タコ焼「カリトロ」が美味い!容器の工夫も消費者への愛!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
約2.8cmで、やや大きめ

大阪たこ焼きは美味い!馴染んだ味につい立ち寄る

さて、大阪の豊中駅前(国道176号線沿い)にあるたこ焼「カリトロ」。
引っ越してからしばらく行ってなかったのですが…。

大阪人は、やはり地元で馴染んだ「たこ焼」というのがあるでしょう。
車で近くを通ったので、やや回り道。
記憶した味を思い出すと…「食べたいな!」
もう買いに立ち寄らないといけませんね。
ソース味、しょうゆ味、ポンズ味、塩味 といろいろありますが、
私はポンズも好きなのですが、やはり基本はソースでしょう。

味付けこんにゃくも、やや大きめでアクセントがあり、
外はカリっと。中はトローーリ♪

大きさは、そうですねー約2.8cmで、やや大きめですね。

私 「鉄板で焼いてる画像撮っていいですかね?」
店員さん 「あぁ!いいですよ!」

約2.8cmで、やや大きめ

約2.8cmで、やや大きめ

私 「なんか、昔、住んでた時は、この店が出来たときから買いに来てたんですよ!」
店員さん 「ありがとうございます!」
店員さん 「僕もいろいろ食べて、ここが美味しいと思って店員になったんですよ」

私 「たしかに、大阪はたこ焼激戦区やけど、やっぱり美味しいものは美味しいもんね」

ネギも大盛!

店員さん 「ネギとマヨネーズはつけますか?」
私 「うん。つけといてください」
店によっては、ネギ盛りは50円など別料金で請求されますがが、
ここは無料でつけてくれます。
こういうサービスも嬉しいのですが、この店の特徴は!?

特徴は持ち帰りの器に“匠”

穴が開いている器

穴が開いている器

右画像をみてください。器に穴が開いてますでしょ?
私は、これを初めてみたときに「匠」を感じました。

外のカリっと感がウリ。
でも家に着いた頃には、蒸気でタコ焼きが水っぽくなってしまうでしょう。
そんな小さな気遣いから、器に穴があいたのではないでしょうか?

アルミホイルを敷いて、余熱効果にも心配り!?
店員が 「帰宅まで何分くらいですか?」 と聞かれることも。

ケーキ屋のドライアイス数を聞かれるのと似ていますが…。穴数を調整するんですかな???
つまようじ2本で、たこ焼を食べるのは、クルクル回らないようにするため。

意外と知らない人もいるんですよね。 そんな方には、こちら 。

カリトロは、割り箸です!!!
たぶん、たこ焼の直径が大きいから、つまようじよりも箸がつかみやすい!
そこまで計算しているんじゃないかな?

30代前半の社長らしいですが、顧客満足へのビジネスセンスは匠だな!と感じます。

穴が開いている器

穴が開いている器

店舗情報

店舗外観

店舗外観

地 図

関連記事

  1. 「味の家」のお好み焼

    2015-12-10

    ふわふわサクサク!お好み焼行列店「味乃家 」

    ミシュランにも掲載されてある名店?だそうです。懐かい風味の甘味と旨味のあるソースとマヨネーズ…
  2. 2014-4-29

    金沢近江町市場「市場すし」

    近江市場エリアはランチが中心。晩御飯時間は閉店している店が多い。そんな中、テレビ放送の看…

焼鳥・牛肉・羊肉オススメ特集

  1. 鳥ばか一代
  2. 炭火焼きジンギスカン
  3. 池田商店の炊き餃子

カレー・粉物オススメ特集

  1. 「味の家」のお好み焼
  2. 具が大きいスープカレー
  3. カツカレー(600円)
  4. スープカリー

麺類オススメ特集

  1. 鳥から入りカレーうどん。トッピングにクリームチーズ
  2. 「らーめんミネストローネ」(830円)
  1. 2016-3-29

    最高級和牛を贅沢に使用!銀座「数寄屋バーグ」

  2. 2016-3-27

    人気の鶏白湯SOBA!ミシュラン★獲得店の銀座「篝 (かがり)」

  3. 2016-3-26

    南千住にある老舗蕎麦「大黒屋儀右衛門」

  4. 2016-3-25

    「西金砂そばの郷 そば工房」

  5. 2016-3-25

    つけ麺「麺屋むじゃき」

  6. 2015-8-7

    キアヌリーブスもお気に入り!?担担麺「蒼龍唐玉堂」

  7. 2015-6-23

    シフォンケーキと自家製サンドイッチなら渋谷「松涛カフェ」

  8. 2015-5-31

    岡山B級グルメのホルモンうどん「もり」

  9. 2014-12-24

    旬の魚を受かったアラ炊きスープ「麵屋 海神」

  10. 2014-8-31

    スパイスのきいたカレーそば「ニーランの石」

ページ上部へ戻る